定例会期中、4日間の日程で行われる一般質問が終わりました。

 

今回の質問、
・小中学校のプールの在り方について
昨今のコロナ禍によるプール授業への影響、突然の大雨、気温上昇による中止など、通常通りプール授業を行う事が段々と難しくなってきている状況の中、学校プールを使用する年間コストと民間委託した場合のコスト比較を確認し、ほぼ同額である事がわかりました。そこで、夏季以外も年間通して利用できる事などから民間委託という選択肢を提案しました。

 

その他
・不登校児童・生徒への支援について
・南多摩尾根幹線及び鶴川街道の整備について

国の将来を担う子ども達への支援、地域生活に欠かせないインフラ整備をテーマに質問を行いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です